大黒様

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/22の課題

<<   作成日時 : 2005/09/27 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

課題 1
証拠 1 コマンドプロンプト
pingを用いたときもしホスト名を間違っているとIPアドレスが画面上に出てこないが、pingを使ってホスト名を入力するとその後ろにIPアドレスが出てきてその場所にパケットを送信し正しく Reply (応答) が返ってきているので同じロケーションであるといえる。

証拠 2 ブラウザ
ブラウザのアドレスの欄にhttp://の後ろに、IPアドレスとホスト名のどちらを入力しても同じページを開くことができる。二つの異なった形式の番号で同じページを開くことができるのならば、IPアドレスとそのホスト名が示す場所は同じロケーションであるといえる。

よってIPアドレスとホスト名は形式こそまったく異なっているが、同じ場所を指す住所のようなものであるといえる。

課題 2
Internet Protocol
 OSI基本参照モデルの第3層(ネットワーク層)に位置し、ネットワークに参加している機器の住所付け(アドレッシング)や、相互に接続された複数のネットワーク内での通信経路の選定(ルーティング)をするための方法を定義している。
 コネクションレス型のプロトコルであるため、確実にデータが届くことを保証するためには、上位層のTCPを併用する必要がある。
 UNIXの標準プロトコルとなったことから急速に普及が進み、現在世界でもっとも普及している。IPによって世界規模で相互に接続された巨大なコンピュータネットワークをインターネットと呼ぶ。

Transmission Control Protocol
 インターネットで利用される標準プロトコルで、OSI参照モデルのトランスポート層にあたる。ネットワーク層のIPと、セッション層以上のプロトコル(HTTP、FTP、SMTP、POPなど)の橋渡しをする。インターネットでは、トランスポート層のプロトコルとしてUDPも使われており、UDPは転送速度は高いが信頼性が低く、TCPは信頼性は高いが転送速度が低いという特徴がある。

HyperText Transfer Protocol
 Webサーバとクライアント(Webブラウザなど)がデータを送受信するのに使われるプロトコル。HTML文書や、文書に関連付けられている画像、音声、動画などのファイルを、表現形式などの情報を含めてやり取りできる。IETFによって、HTTP/1.0はRFC 1945として、HTTP/1.1はRFC 2616として規格化されている。
http://e-words.jp/

今回の課題を通して改めてインターネットの複雑さを思い知った。普段何気なくつかっているホスト名やhttp://についても今回初めて知ることばかりだった。しかし最も気になったのは同じロケーションでも二つの表現方法があるということ。どうやらIPアドレスをわかりやすくしたのがホスト名らしいけどコンピューターやネットワーク上のどこで変換しているのかが気になった。今度時間があったら調べてみるのもおもしろいと思った。

普段いろいろ知らないでパソコンを使っているんだと思った。何も知らなくてもパソコンがなんとなく使えてしまうので怖いことも知らなくてやってしまう可能性もあるので少し怖くなった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
IETF
IETFThe Internet Engineering Task Force(IETF)はインターネットで利用される技術の標準化を策定する組織である。極めてオープンな組織で、実際の作業を行っている作業部会(Working group; WG)のメーリングリストに参加することで、誰でも議論に参加する... ...続きを見る
インターネット
2005/10/02 04:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9/22の課題 大黒様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる